体の中から整えることが大事|美肌を作る方法を徹底解説

体作りは食事から

鏡を見る女性

体の中を整えよう

透き通って決めの細かな健康的な美肌は誰しもの憧れです。赤ちゃんの肌に触れると自分も産まれた頃、こんなに美しい肌をしていたのかと思うと不思議な気持ちになります。さて、憧れの美肌に近づき、また美肌を維持する為には普段の食事が大切です。なぜならば体の中が汚れていると美肌にはなれません。腸をキレイにする事が美肌への近道なのです。どんなに高額で高価な化粧品やエステを利用しても体の中がキレイでないとせっかくの化粧品やエステも効果を発揮する事が出来ません。それでは食事で何から取り組めば良いでしょうか。まず食物繊維を摂り腸の汚れを取り除きます。効果的な食べ物はこんにゃくや穀類、りんごなどがあります。他にも、みかんや海藻、おくらなどもよいとされています。次に日本人の体に寄り添った昔からある調味料の醤油や味噌、塩などで腸内環境を整えます。調味料を選ぶ時も成分表を確認し、なるべく添加物が少なく昔ながらの製造方法の物が理想的です。栄養価が高い旬の野菜や果物を食べ、豆類や豆腐でタンパク質を摂る事が健康的な美肌を作る手助けになります。タンパク質は人間の細胞をつくるうえで大切な栄養素です。敬遠しがちなオイルも良質な油であれば美肌に欠かせません。しかし悪質な油は体を酸化させる原因となるので注意が必要です。良質な油の代表的な物は、亜麻仁油・ココナッツオイル、サンマやイワシといった魚から摂れる油等があります。逆に悪質な油の代表的な物は、マーガリン・ショートニング・植物性油脂等です。そして何より食事の際によく噛んで胃腸への負担を軽くする事が大切です。一口30回、一食で1500回が理想的な咀嚼回数と言われています。美肌の為、普段の食事を見直してみるのはいかがでしょうか。

頬を触るウーマン

美しくなるためには

美肌作りに欠かせない栄養素として、たんぱく質やビタミンA、ビタミンCなどがあります。毎日30品目以上の栄養素をバランスよく取り入れることで美しい肌をつくり出します。また、美肌作りには睡眠不足が天敵なので睡眠は十分にとりたいものです。

鏡を見る婦人

食事で肌の美しさをキープ

美肌を保つのに役立ってくれるのが、様々な植物オイルです。上質なオイルは、美肌効果や健康効果などがあり、ダイエットにも良い影響が期待出来ます。生でオイルを摂取出来るような料理を取り入れると、効果が倍増します。

頬を触る人

サポニンの力

高麗人参は昔から漢方として使用されてきた食材ですが、現代では美肌効果を引き出す美容の食材としてでも注目されています。サプリメントやエキスで販売されているほか、黒酢とエキスを混ぜて販売しているドリンクもあります。